いびきでお悩みの方に

いびきの治療は原因、症状に応じていろいろ考えられていますが、歯科として対処するならスリープスプリント
を夜間だけ口腔内に装着する方法が有効です。いびきと無呼吸症候群は密接に関連したものであり、同じ装置
で無呼吸症候を軽減させる事も期待できます。歯ぎしり防止装置の技術を応用しますので3−4回の通院で作製
する事が出来ます。